【外壁リフォーム】見た目だけじゃない!! 外壁塗装の目的をわかりやすく解説【アパート経営】

【外壁リフォーム】見た目だけじゃない!! 外壁塗装の目的をわかりやすく解説【アパート経営】

関連動画はコチラ!
【外壁リフォーム】古くなった物件の外壁にデザインを入れて反響率・入居率アップ!!
▶︎https://www.youtube.com/watch?v=5yU809_wtNw&feature=youtu.be

今回は賃貸経営の中でも最も高額な費用が必要とされている外壁塗装についてお話しさせて頂きます。

☆外壁塗装の目的①建物の外観を綺麗にする。
建物の見た目を綺麗にするというのは、目に見える部分なので分かりやすいです。
住宅は新築から10年経つと色褪せてきます。そこで塗装する事で新築のような状態へ戻す、新しいデザイン(色)に変える事で美観をよくする事ができます。

☆外壁塗装の目的②塗料の膜で雨水等の外気から建物を守る。
外壁塗装を行うと「塗膜」という膜で建物が守られるようになります。
塗膜により撥水性が生じ、外気の成分の侵入を防ぐことにより劣化を防ぐ事ができます。
この「塗膜」により外気の水を建物内に入れさせない事が一番の目的となります。
新築後、もしくは塗装後、建物は年げつが経過すると、ひび割れ、剥がれなどの劣化が出てきます。
こうなると塗膜だけでは補いきれなくなり、費用も高額になる可能性があります。
このように手遅れになる前に外壁塗装を行う事が重要となってきます。

☆塗料は本当にいい塗料なのか?
塗料選びは、料金や耐久年数が決まるので慎重に選定する必要があります。
そして、塗料についての知識がないと業者が提案してきた塗料が本当にいい塗料なのか判断できません。
外壁塗料は高度な専門的知識を要するため、業者任せにしがちですが、現状の外壁に適した塗料でなければ意味がないことを覚えておきましょう。

☆耐用年数のめやす
屋根・・・
木造であれば20年程度
鉄筋鉄骨コンクリートで陸屋根であれば15年〜20年
外壁・・・
建物の構造や階数、立地条件で変わってきますが、10年〜20年で大体15年くらいで塗り替えが必要となります。
鉄部
5年〜10年
以上の期間をめやすに定期的にメンテナンスを行う必要があります。

☆外壁診断システム
一級建築士などの有資格者が開発した診断システムがあります。
このシステムを活用すれば外壁塗装、メンテナンスが必要かどうかの診断なども行えますのでお気軽にご相談いただければと思います。

ちなみに外壁工事を怠ると・・・
▼構造別▼
・木造
雨水が侵入し木材が腐ってしまい大惨事となってしまいます。
・軽量鉄骨
鉄骨が錆てしまい強度不足に陥ります。
・RC構造
コンクリートにヒビや亀裂、剥離が起きてきます。
非常に危険な状態となってしまいます。

☆節税効果
外壁塗装は「経費計上」できる部分が多いため節税効果もありますので、計画的にしっかりと工事していく事が大切です。

☆デザインで入居率アップ!!
どうせ色を塗り替えるのあれば、同じ色や、単色の別の色に塗り替えるのではなく、外壁にデザインを入れてみましょう。塗料の単価は同一ですので、工事金額が変わる心配はありません。
そして、見た目の印象が変わるので入居率アップへつなげる事ができます。

マンション、アパートの外壁・エントランスのリフォームやタイルの張り替え、その他の修繕については満室の窓口へお気軽にご相談ください。

☆YouTubeチャンネル登録はコチラ↓↓
http://www.youtube.com/channel/UCYZlKIhuDaJpiUu6KZIBZ3Q?sub_confirmation=1

☆日本の賃貸住宅を満室にする全国プロジェクト
『満室の窓口』特設サイト
https://manshitsu.life/

☆空室対策のことからセミナー情報、満室の窓口の日常など情報満載!!
満室の窓口Facebook
https://www.facebook.com/manshitsu/

☆資格勉強会を探す
https://manshitsu.life/study

☆賃貸経営セミナーを探す
https://manshitsu.life/seminar

#外壁リフォーム
#外壁塗装
#資産運用
#外壁リノベ
#リノベーション

外壁 リフォームカテゴリの最新記事