築60年の家がリフォームで再生!耐震補強もバッチリ

築60年の家がリフォームで再生!耐震補強もバッチリ

●築60年の家がリフォームで再生!耐震補強もバッチリ
着工前から工事、完成まで、リフォームの詳細をまるごと紹介。詳しい事例はサイトでご覧ください。
http://example.eco-inc.co.jp/2010/07/post_84.php

3世代で受け継いできた築60年になる木造2階建ての家が、大規模スケルトンリフォームで劇的に再生!
年を取ってからの介護までを見据えた、丁寧で綿密なリフォーム計画で、これからもずっと安心して暮らせる家になりました。

家がだんだん老朽化してきても、建て直して新築することはままならない都内の住宅密集地。
今回ご紹介するY様のお宅もその一つ。スケルトンリフォームを決断されました。

築60年になるY様のお宅は、古き良き時代の面影が残っている雰囲気のある建物です。
しかし長年お暮らしになる間に、外壁には多数のヒビが見られ、地盤地下によって玄関と道路の段差がゼロに。
また、メンテナンスがされていなかった2階では、すべての部屋が雨漏りしたそうです。
家のあちこちが傷み、もし大きな地震が起こったらと考えると、かなり心配な状態でした。

・解体
築60年が経過し、傷みも激しいため、解体の衝撃で倒壊しないように、仮補強をして解体しました。

・基礎
なんと、基礎が本来あるべきところに無いということが判明。さらに土台や柱も激しいシロアリ被害を受けていました。
鉄筋を入れた基礎と、しっかりした土台を新しく造りました。

・柱と壁
強度が不十分だった建物ですが、新しい柱と耐力壁を造り、耐震金物でしっかり固定したので、地震に強い構造になりました。

・断熱
壁と床、天井にたっぷりと断熱材を施工しました。
家の気密性と断熱性が大幅にアップして、「冬は寒く、夏は暑い」という木造住宅の悩みを解消できました。
雨漏りで弱くなっていた外壁も、下地からすべて新しくしました。

基礎工事、耐震補強、断熱工事のあとに内装工事を行い、ついに築60年のスケルトンリフォームが完成!
リビングと洋室は一続きのオープン空間になり、対面キッチンのカウンターでお料理中も家族の会話がはずみます。
段差を無くし、階段の傾斜も緩やかにするバリアフリー仕様で、年齢を重ねてからも安心して暮らしていけます。
リフォームに使用した素材は、自然素材にこだわりました。
国産杉の立派な梁や、無垢材の建具、無垢フローリング、コルクタイルの床など、自然に包まれた安心、安全なお住まいとなりました。

リフォームカテゴリの最新記事